[PR]

 ■現代社会と響き合う“倫理学”

 今『エチカ』の邦訳が売れている。哲学者の國分功一郎さんが、NHKの番組で、この本を驚異的に分かりやすく紹介したことがきっかけらしい。ただ、そうした最大瞬間風速的な現象を超えて、スピノザは、20世紀終盤以降の最先端の知の流行である。ドゥルーズをはじめ重要な思想家がこ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも