[PR]

 ●古橋信孝著『ミステリーで読む戦後史』 ミステリーをひもとくと、作品が書かれた社会や時代状況が見えてくる。戦前の旧習と戦争の影響を色濃く残す横溝正史作品。占領期の影を引きずる松本清張『ゼロの焦点』。水俣病を告発した水上勉『海の牙』。新幹線がもたらす騒音問題を描いた清水一行『動脈列島』……。文学研究…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも