[PR]

 スルガ銀行のシェアハウス融資の不正問題を巡り、同行が岡野光喜前会長ら9人(故人を含む)を相手取って総額35億円の損害賠償を求めた訴訟で、第1回口頭弁論が8日に静岡地裁(関口剛弘裁判長)であった。被告側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。▼経済面=長引く混乱

 訴状では、岡野前会長らは書類の改ざん例…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも