スルガ銀、長引く混乱 経営陣内で原告と被告に

有料会員記事

[PR]

 スルガ銀行シェアハウス融資の不正問題で、現経営陣が旧経営陣らに総額35億円の損害賠償を求める訴訟が8日始まった。被告側には現取締役1人も含まれ、請求棄却を求めて争う構えだ。問題の発覚から約1年がたつが、経営の混乱は収まっていない。▼社会面参照

 訴えられたのは、創業家出身の岡野光喜前会長ら旧経営…

この記事は有料会員記事です。残り595文字有料会員になると続きをお読みいただけます。