[PR]

 ■死んでも「さえない日常」にほろり

 人は死んだらどうなるか。正解は、今とそっくり同じで、少しだけさえない世界に行く。少なくとも本短編集の表題作ではそうだ。自殺したハイムは、気づけば別世界にいる。そしてここには、どうやら自殺者しかいないらしい。

 彼はピッツェリア・カミカゼで店員として働き、夜は友…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも