[PR]

 不正調査が問題になっている「毎月勤労統計」の2018年の速報値は、物価変動の影響を差し引いた賃金の動きを示す実質賃金指数が前年を0・2%上回った。プラスは2年ぶりだが、野党が算出を求めている実態に近い「参考値」は公表されなかった。野党は独自の試算でマイナスだったと主張し、「賃金偽装」との批判を強め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも