[PR]

 コピーや保存が簡単にできるデジタル時代に、「著作物の保護」と「利用の自由」をどう両立させるか。拙速に走らず、目配りのきいた議論が必要だ。

 インターネット上の漫画などの海賊版対策を話し合ってきた文化審議会の小委員会が、報告書をまとめた。これを受けて、政府は今国会に著作権法の改正案を提出する方針だ。

 海賊版だと知りながら、ネットから漫画や写真、論文などをダウンロードする行為を違法とし、場合によっては刑事罰も科す――。それが報告書の骨子だ。これまで音楽・映像に限っていた対象を、静止画などにも拡大しようというものだ。

 海賊版がはびこる現状は、たしかに放置できない。しかし規制がゆき過ぎると、ネットの利用を萎縮させ、文化の発展をかえって阻害することになりかねない。この問題意識を共有することが何より大切だ。

 小委員会は、とりわけ刑事罰をめぐって紛糾した。文化庁は広く投網をかけて取り締まる原案を作ったが、有識者委員が異論を唱え、「反復継続して違法ダウンロードが行われている場合に限定する」などの考えが、最終盤になって盛り込まれた。

 あわせて報告書には、「刑事罰の制定に当たっては極めて慎重な配慮が求められる」「国民の私的領域内における行動の自由を不当に制約しない」といった、この問題に臨む際の基本姿勢も明記された。

 ぎりぎりで踏みとどまった感が強い。とはいえ具体的な条文案づくりは、これから文化庁が担う。報告書の趣旨を踏まえた抑制的な対応が求められる。

 また、事務局主導で短期間の審議になった結果、民事上の責任をどう考えるかについての検討は十分深まらなかった。その行方も注視する必要がある。

 思い起こすのは昨年論争になった海賊版サイトの扱いだ。政府は、サイトの閲覧者に対し、業者が接続を遮断できる制度を設けることを狙ったが、通信の秘密を侵す恐れが高いとの声が広がり、取りやめになった。

 海賊版対策の名の下、憲法の人権規定や丁寧な議論を軽視する政権の体質が、サイト遮断に続いてダウンロード規制でもあらわになったといえよう。

 今回の著作権法改正をめぐっては、竹宮恵子さんら漫画家の一部からも批判や疑問が出た。ネット上の自由な資料利用が創作活動を支え、読者のすそ野も広げて、日本の漫画の強さの源泉になってきたとの指摘だ。多面的に物事を見るこうした姿勢こそが、文化を生み、育てる。

こんなニュースも