[PR]

 人間そっくりの生人形(いきにんぎょう)やコンクリート製の天守閣、男性裸体彫刻の股間表現といった、従来の美術史の枠外の存在を追いかけてきた美術史家で静岡県立美術館長の木下直之・東京大教授(65)が、今年度末で同大学を退職する。開催中の展覧会や新刊で、その関心の不思議な広がりが確認できる。

 「古今和…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも