[PR]

 3月のタイの総選挙に向け、ウボンラット王女を首相候補に擁立しようとしたタクシン元首相派の政党、タイ国家維持党が、解党の危機に立たされている。選挙管理委員会は11日、王女を候補とは認めず、反タクシン派などから要求があった解党の是非について憲法裁判所の判断を求めるべきか検討を始めた。

 解党を求めてい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも