[PR]

 東京医科大の不正入試問題をめぐり、同大は13日から補償相談の電話窓口を設ける。対象は(1)2017、18年度に同大を受験し、不正に不合格となった101人と、(2)13~16年度に同大を受験した受験生約1万5千人。(1)の人は、本来負担する必要のなかった費用の補償について協議する。(2)の人をめぐっては、同大の第三者委員会が「最も成績が低かった合格者より成績がいいのに、不合格となった受験生が計109人いた」と指摘しており、その受験生に該当するかを確認するが、補償の具体的な方針は未定という。13~16年度の入試は合否の再判定をせず、追加合格も認めないと決めている。

 電話は平日の午前9時~午後5時、フリーダイヤル(0120・871・334)で受け付ける。

こんなニュースも