[PR]

 日本マクドナルドホールディングス(HD)が12日発表した2018年12月期決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年比32・4%増の250億円だった。新商品投入や店舗改装効果で客足が伸び、期限切れの鶏肉問題(14年)などの問題前の水準に業績が回復。サラ・カサノバ社長は「回復から成長のステージに入った…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも