[PR]

 連休明けの12日の東京株式市場は米中貿易摩擦への懸念が後退し日経平均株価が大幅に上昇。終値は前週末より531円04銭(2・61%)高い2万0864円21銭で、値上がりは3営業日ぶり。円相場が1ドル=110円台と円安傾向となったことで自動車など輸出関連銘柄が買われた。先週末の2営業日で計約540円急…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも