[PR]

 中国経済の減速が日本の国内総生産(GDP)に影響を及ぼし始めた。内閣府が14日に発表した昨年10~12月期の1次速報は、物価の変動を除いた実質で前期比0・3%増(年率換算1・4%増)だった。2四半期ぶりのプラス成長となったものの、中国向け輸出が振るわず、自然災害で0・7%減となった7~9月期の落ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも