[PR]

 2月のラインアップは、ゴミ同然になる住宅、家計を潰す固定資産税・相続税、横行する詐欺商法、半グレに占拠されたリゾートマンション……。「家余りニッポン」衝撃のリポートとして本紙で話題沸騰の「負動産時代」を書籍化した朝日新聞取材班著「負動産時代」(875円)、モラルなきAIの技術革新に警鐘を鳴らす平和博著「悪のAI論」(918円)、岡信太郎著「子どもなくても老後安心読本」(853円)、中村修也著「千利休」(875円)。好評発売中です。

 ◇お求めは書店、ASA(朝日新聞販売所)、朝日新聞出版のサイト(https://publications.asahi.com/別ウインドウで開きます

こんなニュースも