[PR]

 車は多摩川の土手に延びる通りを走っていた。川は進行方向の左側――私の座る助手席側だったので、眺望が開けている。広い河川敷と中洲(なかす)のある川、そして対岸の河川敷と土手と街並みをぼんやり眺めながら車に揺られた。

 父のつくった『炭坑節』の替え歌を小さく口ずさんで、まいったなあ、と苦笑したら、航太…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも