(書評)『犬であるとはどういうことか』 アレクサンドラ・ホロウィッツ〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■がんも爆薬も分かるんだワン

 飼っている犬が、遊びにきた親族の犬を出迎えたときに尋常でない反応を示し、とても優しく接したことがある。病変に気づいたのは間違いなく、数カ月後に親族の犬は死んだ。

 本書によれば、実際、犬は人間のさまざまな症状を検知することができる。癌(がん)細胞が発する揮発性の有機…

この記事は有料会員記事です。残り789文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら