(書評)『資本主義の歴史 起源・拡大・現在』 ユルゲン・コッカ〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■欲望の経済史コンパクトに描く

 社会主義の崩壊後、資本主義という言葉は影を潜めた。その後を襲ったのが「市場経済」、そしてその思想的バックボーンとしての自由主義であった。

 無知で謬(あやま)りやすいのが人間だが、無知な人間でも自分のことは自分が一番よく知っている。市場経済はこのような人間に適合的…

この記事は有料会員記事です。残り793文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら