(書評)『その部屋のなかで最も賢い人』 トーマス・ギロビッチ、リー・ロス〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■自分中心的なのが人間だけど…

 本書には生活や仕事、あるいは集団の活動や政治などに役立つ社会心理学の知見が満載であり、実用書として読むこともできる。とはいえ、たんにアドバイスを並べてあるだけではなく、それを支える議論や実験もきちんと紹介されているので、学問的な楽しみも十分にある。豊富な話題の中か…

この記事は有料会員記事です。残り1142文字有料会員になると続きをお読みいただけます。