[PR]

 河野太郎外相は15日、訪問先のドイツ・ミュンヘンで、韓国の康京和(カンギョンファ)外相と会談した。韓国大法院(最高裁)が日本企業に対し、元徴用工らへの賠償を命じた判決をめぐり、河野氏は改めて日韓請求権協定に基づく協議に応じるよう求めた。康氏は「綿密に検討中」という従来の立場を繰り返したという。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも