[PR]

 泣いたつもりはない。感情の昂(たか)ぶりはなかったし、胸の震えも感じなかった。あくびをすると自然と目が潤むのと同じように、涙がほんのわずか湧いただけだ。

 航太に悟られないよう首を窓のほうに大きくひねって、二、三度強く瞬いた。だいじょうぶ。ひとしずくにも満たない涙は目尻に染みて、消えてくれた。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも