[PR]

 インド初の準高速鉄道の列車が16日、開業直後に故障した。国民の多くが信仰するヒンドゥー教で神聖とされている、牛などに衝突したためとみられている。

 この鉄道は、首都ニューデリーとヒンドゥー教の聖地バラナシの間の約750キロを在来線を使って時速160キロで走り、以前よりも約5時間短い8時間で結ぶ。車…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら

こんなニュースも