[PR]

 厚生労働省の毎月勤労統計の調査手法の不正に端を発した一連の問題は、今国会の一大争点へと発展した。新聞などのニュースメディアも1月ごろから連日のように大きく扱い、不正の経緯と責任を厳しく追及している。

 一連の記事の中で、2019年1月28日付日本経済新聞の「経済教室」における神林龍・一橋大学教授の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも