[PR]

 横浜市で昨年1月、父親を殺害したとして殺人罪に問われた少年(19)の裁判員裁判の判決が19日、横浜地裁であった。深沢茂之裁判長は、懲役4年以上7年以下(求刑懲役5年以上10年以下)の不定期刑を言い渡した。

 判決などによると、少年は昨年1月20日、母親と父親(当時44)の口論を聞き、母親が父親から…

この記事は有料会員記事です。残り258文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り258文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り258文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも