(時事小言)厳しさ増す日韓関係 映し鏡の犠牲者意識 藤原帰一

有料会員記事

[PR]

 日韓関係は国交樹立以来もっとも厳しい情勢を迎えた。まず、2018年10月、韓国最高裁は元徴用工による訴えを認め、新日鉄住金に損害賠償を命じた。1965年の日韓請求権協定で最終的に解決したとされた請求権に関する合意は個人の賠償請求権に及ばないという判断である。

 翌月、韓国政府は慰安婦財団の解散を発…

この記事は有料会員記事です。残り1821文字有料会員になると続きをお読みいただけます。