[PR]

 赤地に白抜きで「安徳帝の里」の看板が現れると、背中に軽くしびれを感じた。これが武者震いというものか。

 高知県のほぼ中央、越知町にある横倉山は、その特異な歴史で人を引きつける。

 まずは平家の落人伝説。史実の安徳天皇は数え年8歳の1185(寿永4)年、源平合戦を締めくくる壇ノ浦の戦いで入水(じゅす…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも