[PR]

 ■宿河原(しゅくがわら)

 1914(大正3)年の出来事だ。度重なる多摩川の洪水に苦しんだ現在の川崎市の住民が、堤防設置を求めて神奈川県庁に押し寄せた。その数、500人余といわれる。一団がかぶった編み笠から、「アミガサ事件」と呼ばれる。

 多摩川は「あばれ川」と呼ばれ、明治以降も家屋が流される大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも