[PR]

 ■構内に倒れ込んだ大木。安全確認が済むまでは車両基地から電車を出せない。

 日付が変わって昨年10月1日。激しかった風雨はしだいにおさまってきた。

 「朝の通勤ラッシュ直撃は免れた」。ほっとした雰囲気が広がるなか、沿線で待機していた保線員らが線路点検を始めた。

 「四ツ谷駅構内で大きな木が線路内に…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら

こんなニュースも