年金作業に遅れ、今年も過少支給 2月支給分、最大600人

有料記事

[PR]

 年金の2月支給分で、税の控除に必要な申告書が提出されたのに控除できず、最大で約600人の支給額が本来より少なかったことが日本年金機構への取材でわかった。昨年2月の支給分では、控除に関するデータの入力を委託した業者のミスなどで約130万人の過少支給が起きたが、今年は年金事務所への指示の不徹底などが原…

この記事は有料記事です。残り537文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。