[PR]

 「なあ、息子の息子」

 神田さんは航太に声をかけた。「おまえにはノブさんの思い出がまったくない」

「……ええ」

「親父(おやじ)もそうだ。ゼロっていうわけじゃなくても、おぼろげにしかノブさんのことを覚えてない。なあ、そうだよな、息子」

 私に目をやって、うなずいたのを確かめると、また航太に向き直る…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも