[PR]

 テニスの全日本室内選手権最終日は24日、島津アリーナ京都で行われ、女子ダブルス決勝で穂積絵莉(日本住宅ローン)、内島萌夏(昭和の森ジュニアTS)組が第2シードの陳佩萱、呉芳嫺組(台湾)を6―4、6―3で破り、優勝した。同シングルスはイレナ・イナルボン(スイス)が制した。

こんなニュースも