1975年生まれの私にとって、ドナルド・キーンという名前は、戦後文学の黄金時代と密接に結びついた半ば伝説的な、憧れの対象だった。

 キーンさんの自叙伝を読んでいると、若い頃には、フランス文学の研究者になっていたかもしれない、という時期もあるが、もしそうなっていたなら、日本の戦後文学の国際的な評価は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも