[PR]

 天皇の代替わりに伴う「即位の礼」や皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」に国費を支出するのは信教の自由を保障した憲法に違反するとして、キリスト教の牧師や市民ら計241人が1人あたり1万円の慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が25日、東京地裁であった。国側は請求の棄却を求め、具体的な反論は「今後行う」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも