[PR]

 薄目を開けて、夏子が焼香を終えるのを見た。ちょっとよそよそしい所作ではあったが、それはしかたないだろう。

 続いて航太が焼香台の前に立つ。考えてみれば、この場の面々の中で父と血がつながっているのは、私と航太だけなのだ。私は薄目のまま、しっかりやれよ、と無言で伝えた。

 おまえのおじいちゃんなんだぞ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも