[PR]

 献杯のビールを一口飲んだ神田さんは、「よう、息子」と私に言った。「おまえの息子はなかなかのナイスガイだな、うん、若いのに立派なもんだ」

 いきなり昭和の死語をつかわれて面食らったが、神田さんは「あの焼香はよかったなあ」と、しみじみ言った。「ちゃーんと孫の焼香になってたぞ」

 私は「ありがとうござい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも