[PR]

 航空自衛隊築城基地(福岡県)所属のF2B戦闘機が山口県沖に墜落した事故で、空自トップの丸茂吉成航空幕僚長は27日、「操縦が適切に行われなかった可能性が高い」と記者団に明らかにした。事故機はエンジン出力を絞ったまま急上昇を続け、推力を失って墜落したとみられるという。

 防衛省は、F2戦闘機の全操縦者…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも