[PR]

 お米の味は一つじゃないと知ったのは、山形から上京した18歳の春。池袋の定食屋でご飯を口にし、はき出しそうになってしまった。ぱさぱさして、さらし粉のような臭いで。今はもうないその店が、たまたま20年物の古米を出したかと思ったが、銀座でもどこでも同じだった。その時やっと、山形の米が飛び抜けてうまいのだ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも