[PR]

 半世紀前から目撃情報が途絶え、中央アルプス(長野県)では「絶滅した」とされてきた国の特別天然記念物ライチョウを「復活」させる作戦が動き出した。別の場所で採取された有精卵を、中央アルプスで昨年見つかったメス1羽に抱かせて孵化(ふか)させる計画だ。

 環境省によると、国内では初の試み。メスは自分の卵と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも