[PR]

 先日、あるお役所の審議会を傍聴した。有識者たちのガラスコップに、スタッフが水を注いで回っている。

 以前ならペットボトルの水やお茶が配られる場面だ。それがガラスコップの水に変わった背景には、2月初めの閣議決定がある。省庁や国立大学など国のすべての機関で、脱プラスチックを進めていくというのである。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも