[PR]

 東京電力は28日、福島第一原発2号機で2月13日に初めて装置で触った溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)とみられる堆積(たいせき)物について、放射線量は1時間あたり最大7.6グレイ(シーベルトに相当)だったと発表した。底に近づくほど線量が高くなることも判明し、底部にデブリが広がっていることが裏付けられた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも