[PR]

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)が会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された事件で、前会長の弁護人が28日、東京地裁に3回目の保釈請求をした。弁護人が弘中惇一郎弁護士らに代わってからは、初めての保釈請求だ。地裁は今後、証拠隠滅や逃亡の恐れを考慮し、改めて保釈の可否を判断する。

こんなニュースも