[PR]

 受刑者に選挙権を認めない公職選挙法の規定は違憲だとして、元受刑者の男性が国を訴えた訴訟の上告審で、「合憲」とする判断が確定した。最高裁第三小法廷(山崎敏充裁判長)は、合憲とした一審・広島地裁と二審・広島高裁の判決を支持し、26日付の決定で男性の上告を退けた。

 男性は広島刑務所で受刑中だった201…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも