[PR]

 スバルは28日、ブレーキランプをつけるためのスイッチの不具合によってエンジンが始動できなくなる恐れがあるなどとして、インプレッサとフォレスターの2車種の計30万6728台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。不具合が生じる恐れのある車は海外分を含めて計226万8841台にのぼる。

 2008年9月~17年3月に製造した車が対象。すべてをリコールすれば、スバルでは過去最大の規模になる。

 国交省やスバルによると、ダッシュボードのつや出し用品や整髪料などから揮発するシリコーンガスがスイッチ部分に付着してスイッチが作動しなくなり、ブレーキランプが点灯しなくなる恐れがある。ブレーキを踏んだことをスイッチが感知できず、エンジンがかからなくなる恐れもあるという。13年6月以降に1399件の不具合情報が寄せられたが、この不具合が原因の事故は起きていないという。

 スバルでは17年秋以降、無資格検査問題や安全性能に関する検査不正などが相次いで発覚。一連の検査不正で計約53万台のリコールを届け出たほか、昨年発覚したエンジン部品の不具合でも国内外で計約41万台のリコールを届け出た。今回のリコールに伴う費用は明らかにしていない。

 問い合わせはスバルのお客様センター(0120・052・215)へ。

 (高橋克典)

こんなニュースも