[PR]

 米商務省が28日発表した2018年10~12月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)の速報値は、年率換算で前期(18年7~9月期)比2・6%増となった。市場予想とほぼ一致し、米景気の底堅さを示した。

 GDPの7割を占める個人消費は2・8%増。企業による設備投資は6・2%増と大きく伸びたが、米…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも