[PR]

 アジア最大級のカメラ見本市「CP+(シーピープラス)」が28日、横浜市のパシフィコ横浜で始まった。メーカー各社が展示に力を入れるのは、スマートフォンと差別化できる「個性派カメラ」だ。大型の画像センサーによる高画質や人工知能(AI)による自動撮影機能を売りに、縮小するカメラ市場で生き残りをめざす。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも