[PR]

 明治維新から間もない1870年ごろ、長崎に1人のスイス人青年がやってきた。後にロシア極東のウラジオストクを拠点に海運や鉱山業などを手がけ、東アジア有数の企業「ブリネル商会」をつくったユリウス・ブリナーだ。

 49年にスイスのジュネーブ近郊に生まれ、17歳の時に上海にきて、早くも生糸の買いつけなどで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも