[PR]

 ■不遇な楽曲の真価、名調子で語る

 幅広い好奇心と博覧強記でなる著者にしか著せない本であろう。クラシック愛好者、文学の読者、近現代史研究者はもとより、アニメや邦画ファンまでもが興味を抱かされる独自の観点から、14名の日本人クラシック作曲家たちの名曲にまつわる論考が収められた大著だが一気に読ませる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも