[PR]

 内戦から日本古代史を考えるシリーズ。第1回は邪馬台国と狗奴国(くなこく)の戦い。狗奴国は中国の史書で、邪馬台国に敵対した国と紹介されています。邪馬台国同様、クニの実態はよく知られていませんが、九州南部が有力候補地とする説もあります。戦いの解明を通じて、倭国(わこく)大乱を経て邪馬台国を盟主とした時代を、国際日本文化研究センター教授の倉本一宏さん=写真=が解説します。

 ◇4月1日[月]午前10時~11時30分、新宿住友ビル。参加費3996円。申し込みは主催の朝日カルチャーセンター(03・3344・1941)(朝日新聞社後援)

こんなニュースも