鈴木宗氏再審可否、20日判断

有料会員記事

[PR]

 北海道開発局の工事をめぐる受託収賄事件などで実刑判決を受けて服役した鈴木宗男・元衆院議員(71)=新党大地代表=について、東京地裁(家令和典裁判長)が、裁判をやり直す再審を認めるかどうか、20日に決定を出すことが関係者の話で分かった。弁護団は、「検察が贈賄業者を誘導尋問した」と主張し、検察が作成し…

この記事は有料会員記事です。残り444文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら