[PR]

 体重無差別で争う柔道の全日本選手権(朝日新聞社後援)の地区予選が3日に開幕し、全国10地区のうち8地区で代表が決まった。関東地区では、男子100キロ級で2017年世界王者のウルフ・アロン(了徳寺学園職)が4度目の出場を決めた。残る東京地区と九州地区は10日に行われる。

 【北海道】滝田真太郎(2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも