[PR]

 化学兵器禁止機関(OPCW)は1日、2018年4月7日にシリアの首都ダマスカス近郊であった空爆で、毒性の塩素物質が使われた可能性が高いと発表した。使用者については言及していない。

 OPCWは、目撃情報や現場に残された物質の調査などから「兵器として使われた合理的な根拠がある」と指摘。吸い込んだ人を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも